【独学】効率よく宅建合格を目指す人におすすめのテキスト2017年度版

猫と本

効率重視で時間がない人向けにおすすめのテキスト

↓こんな基準で選んでいます

・重要度がわかる。手の抜きどころがわかる
・なぜそうなっているのか「理由」の記述がある。丸暗記が苦手でも、納得できれば覚えられる人におすすめできる。
・まとめコーナーがあったりして、問題を解くのに必要な知識を暗記する下準備がされている。あとは理解して覚えるだけになっていること。
・問題の「解き方」がわかること
・1冊を何度も繰り返す勉強スタイルに合っていること

この観点から、実際に使ってみて個人的に勉強しやすくわかりやすかったテキストを選んでメモしています。(適宜追加中です)

宅建業法が1番シンプルにわかるテキスト

・説明がとにかくシンプルで無駄がない。でも必要十分。こういうテキストは他になかなかないと思います。
・各項目ごとに、①「何を学ぶか?どこに着目するか?」でその制度の目的・意義を確認→②制度の中身を、理由とともにシンプルに説明→③ここで「重要条文」に目を通すことで、知識が整序される→④「合格ステップ」コーナーで重要事項のまとめを確認→⑤最後に「宅建試験に「出る!」問題」で、過去問を1〜2問解いて理解を確認、という構成になっているのですが、順に読んでいくと自然と知識が構造化されるように工夫されていて本当によくできています。

▶︎出る順宅建士2017 合格テキスト②宅建業法

問題演習をしたあとの頭の整理・暗記ならこれ

・「解き方」が載っているのがいい!
・他のテキストを読み、過去問・一問一答を解いたあとにまとめ的に読むと知識がスッキリ整理される
・項目ごとに細かく出題頻度が確認できるので、頻出分野に絞って学習しやすい

▶︎パーフェクト宅建平成29年度版 要点整理

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする